歯をきれいにクリーニングしてみよう

歯のクリーニングとはどういうことをするのか

クリーニングという施術

これまで歯のクリーニングということを耳にしてきたという方はおられると思われますが、実際にはどういう施術をするのでしょうか。

歯のクリーニングは、歯垢や歯石や着色を除去していくことを指しています。
これらの汚れは普段行っている歯磨きではなかなかきれいに取れないので、取りたければ歯医者さんへ行ってプロに取ってもらう必要があります。

では、肝心の施術とはどういうことを行うのでしょうか。
一般的な施術では、専用の薬品で歯の汚れを出していきます。
このとき出てくるのが磨き残しや歯垢などの汚れです。
その磨き残しや歯垢を専用器具を使って清掃と研磨をしてきれいにしていきます。
そして、フッ素とトリートメント剤を塗って完了です。

どんな人に向いているのか

では、こういった歯のクリーニングはどのような方が行うといいのでしょうか。

まず思い浮かぶのが、歯磨きが苦手だったりおっくうだったりする人です。
歯磨きは本来一日三回して、さらに歯間をフロスで磨いていくのが基本的です。
歯磨きが苦手な人は細かい部分までしないので、歯があまりきれいになりません。
似たような理由で、歯並びが悪い人もきれいに磨けないので、歯をきれいにするのにクリーニングは有効です。

また、タバコを吸ったりコーヒーや紅茶をよく飲む人は歯がそれだけ着色してしまうので、クリーニングできれいにするのはおすすめです。

どの方にも、毎日の歯のケアの不完全さを補うためにも歯のクリーニングは是非とも行ってみる価値はあります。